不妊症は男性側にも問題あり?!

不妊症というのは女性側に問題があると考える人が多いですが、実際は男性側に問題がある場合もよくあるという結果が出ています。 男性が不妊症かどうかを確かめるには、精液検査で精子を調べることが大半です。

精液検査においては、精液を準備してちゃんと密封させた上でお願いすることになりますが、家の中であっても病院の中であっても実施することが可能となっています。 家で採取したい人は、それ専用の入れ物を病院からもらい、その中に採取して持って行きます。

でも、病院まで遠くないところに家がある人だけが自分の家で採取したものを検査に使うことができます。 精液を出したあとは、直ちに病院でもらった容器に入れてしっかりと密封した状態で、病院へと持って行きましょう。

他に、専門機関内で精液検査を実施する場合は、特定の部屋に行き採取を実行することになります。

精液が採取可能なよう多様な配慮があり、自分の部屋のようにくつろげる場所が作られているのです。 精液検査というのは、精子の量や数、どの程度動き回っているか、あとは奇形の数といったことを点検し、精子の具合をあれこれ確認します。

男性は、体調に応じて精子の調子が相違したりするため、検査の結果があまり良くない場合にはもう一度検査をすることになります。

二度とも悪い結果が出たなら、不妊症の治療を実施することになります。

と言っても男の人に病因があるとしても、不妊症の治療は女性に負担がかかる事態が大半でしょう。

精子の状態が好ましくない場合には、状況に応じて人工授精や体外受精に至るでしょう。

体外受精にあたって卵子を採るということは、殊に女性には、身体的な負荷が高い不妊症の治療法と言えるでしょう。

それから、精子がほとんどなかったり、かなり乏しかったりする重度の場合は、精巣を切開して精子を探し出す手法もあって、こうした方法では男性の体にもかなりの負担がかかってきます。